あてがうしかなかった季節に


f:id:kwnaiyu:20180626100606j:plain



本望

不運

後悔


ほんもう

ふうん

うかい


どの言葉をあてがうのか

どちらにせよ、決して掴めないもの

怒りでもなく悲しみでもなく

唯一寂しさだけが許された


春待つ種子と

守る皮膜の

降り積もる雪の柔らかさを喜んだのは初めだけ

硬質の動かせない重しにも

音はなくとも、確かに春は近づいていた

また冬が来る

また冬は来る

その後には音もなく


ほんもう

ふうん

うかい


どちらにせよ、決して掴めないもの

唯一寂しさだけが許された


あてがうしかなかった季節に