新等星

透明の番を待って立っている

掌で砕けた枯葉は、さらに風に散らされて土に帰る

また生まれる準備を始めると聞いた

詩が笑いながら浸透して、潜水していくのを見ていた