「、」と「。」

皆、苦しみや悲しみからは逃れたい、解放されたいと願うからです。 人生にただ一度しか打てない、反して何度も打てるもの。文章であれば、複数回に及ぶ程に冗長なものとなる。 人生はどうですか。「。」は最期に一度だけと知りながら、乗り越えようと足掻く為重なる「、」。なんと愛おしいのでしょう。