3/7

‪人のために口をつぐんだ時間と‬
‪自分のために言葉に頼る時間と‬
‪黙り込んでいれば存在は薄まっていくし誰にもいやな想いをさせないで済むな‬
‪でもそれでいったい何のために生きているのだろうと思ってしまう‬
‪でも、そういうのは、うまくやっていける人が悩むべきことなのかも知れないな‬
‪人を傷つける人間にはその権利はないのかも知れないな‬
‪どう生きたいとかよりよく生きたいとかは前提として他者を大切にするところから始めるべきことなのかも知れないな‬