詩:綺麗な円

走って走って走って

走って走って走った

息が、出来ない


斜面の角度も積雪量も無関係だった

着の身着のまま飛び出して来たから、眼前の光景と外見との差は気にならなかった

と言うより、本当は遮二無二ただ登るだけだった

噴き出す汗、涙や鼻水の垂れる温かさを感じながら、いつかこんな詩を書いたことを思い出していた


「一心不乱に念仏を唱え続ける僧の背中に滲む汗、頭上へと昇る湯気」


あれは生きる為だった

今はもう千切れて、消し去りたい

ほんとう?

悔いはない、とは言えない

生きたかった

生や現世への執着から離れられたのか、この今際でさえもわからない


一月一日、新年のめでたきこの日に、生き死にを想うな言うなと声がする

お前たちは正しい

だがそれが俺の誤りと証せるのか

それぞれの命を与えられ、異なる背景、その変遷をくぐり抜け、我々はこんにちまでよく生きて来た、まだ生きている

毎日を生きるか死ぬかで生き延びた者にとっては、誰かの名づけた日にちでは足らず、誰かの意味づけた祝日では足らず、今もなお生き死にの狭間を揺れるのだ


a.生きるか死ぬか

b.まず生きるを選び、その上でどう生きるのか

c.まず死ぬしか選べず、その上でどう死ぬのかだけが選べるのか

d.もう生きられない、なのか

e.無言

我々は皆異なる生死を分かつたひと塊の命だったか


走って走って走って

走って走って走った

息が出来ない

少しして、もっと奥へと

走って走って走った

走った走った走った走った走った

もう、動けない

一歩も動けない


吹き荒ぶ風にも雪の冷たさにもがく時間も過ぎた

今はもう感覚もない

此処ならばいいだろう

最期にこの厳冬をもがく動植物のひと命にも触れたかったと思うことは我儘であったか

それは執着なのか

わからない

ひとつ深呼吸をして、眼を閉じたい

風の音

高い音低い音

混ざりゆく

遠ざかる

心臓の音がどこからともなくやって来る

ずっとそこに居たのに

今初めてどこか遠方からやって来たかのような鼓動

息の上がる時とは異なる、トクントクン、静かに丁寧に秒針を打つよう

人生に読点を打つよう


最期に「顔の浮かぶ人は?」と尋ねられた

その命に頭を下げて

心臓にも礼を言った

脳が手放すのがわかる

からだも手放そうとしている

心はどうか

心はどうだ

いつもどんな時も冷めず、冷めた後にも冷めたことを疑ったこの心はどうだ

本当にこれで良いのかと問うてくれ

いつもと変わらない、お前で居てくれ

世話になったな、世話になったな


世話になったな



生きることを手放す者に


最期の言葉は、要らない


最期はこの雪に似つかわしい


空白の文字それを言葉に代えて


深雪に、打つ




詩:期外収縮

‪ありふれた暴力とふり分けて‬

ありふれた私と紛れ込ませて

それはすぐ、この街に見えなくなって

探し出すのに、随分と苦労することになる

わたしが、わたしを取り戻す為には、この世界は広大で、そしてわたしは微か、ということにしてしまった


詩が文脈の芸術であるならば、脈絡なく訪れる体現、それが死


「殴られたらまだ幾らか良かった」と語った言葉は間違っていた

殴られずとも精神を破壊されることを知る被虐者の生き残りが、書いて良い言葉ではなかった

運命共同体

私たちは、互いを許し合いもせずに、あろうことか競い合ってしまった

見知る人の顔を知らぬ者として挨拶をしないのがこの街のルールで、母さんに教わった「こんにちは」はとうに破って捨てた

もう「あたたかい」の季節も終わりか

気をとられて自販機のボタンを押したら、一度目には出て来ず二百円も取られて暫く固まる

百円の文学も二百円の文学も大して変わらぬのに、金を稼ごうとする精神に人間性を勘定されるから、詩人はいつまでも貧しかった


助けても助けても、この世界の痛みが尽きないから、いつまでも終わらない

家族縁切り身寄り無し認知症進行、その子孤立無縁貯金切り崩し制限時間


テレビで観た口汚く罵る女に母を映して憎悪が沸き出すからしにたくなる

影につきまとわれるのは懲り懲りだ

都会の真ん中で大声を出したら連行された

「詳しいことは署で」

詳しいことなんか聞いちゃくれないくせに

人生に踏み込むまではしないで良い立場のくせに

それならどうか、その法に則ってこの俺をころしてくれないか

独房にでもなんでも入れてくれ

獄歴なら既に二十年じゃきかない

どこにでも入ってやる


夜中あちこちを歩き回った

紙袋にそれ一つ入れて悪者がいたらやってやる

その時の為に

このままじゃ俺こそが悪の根源だな

ニタリ笑う深夜二時


追いかけた女の尻が想像と違っていつかの階段踊り場でいっそ首を吊りたかった

死ねもしない魂の死者はどこへゆけばいい


暴力にあふれる言葉が誰か人様を傷つけるやもと、封じ込めた言葉の数々が俺を殺すから

だからと言って俺は俺を救う為に誰かを脅かして良いのか

俺の詩はどうか、俺の詩はどうか


俺一人生きる為に俺の存在は世界にとってコストパフォーマンスが悪過ぎる

世界に生きる人を傷つけるなら俺がもうやめるべきなのにどうしてどうしてまだ生きてしまうんだ

いつでもしねるようにと持ち歩く薬の消費期限を気にして、お前は一体どうなりたいんだ


翌朝、雀が誰かのうまれたての吐瀉物を啄む

そいつなりの取捨選択があることをこの街は忙し過ぎて気がつけない


すみませんすみません

卑屈さで頭を下げた回数だけ小さくなる


すみませんすみません

今日はどうか、信号機の赤にこのまま何度も止められたい


すみませんすみません

‪すみません、すみません‬

詩:Winkers

売れたBand

orchestraを従えて


売れたpoet

手当たり次第あい掛けして


売れたBand

足し算の音楽

Behindなら、忘れた


売れたPoet

掛け算の言葉

いつか仏像を彫るように紡いだそれなら、忘れた


Charm Pointの毒牙を抜かれて

国営放送で笑う彼を見かけて

愛玩動物への転生も悪くないかもな)


自らを縛るRopeに弛緩したら止めどない

だからもうケツまくるしかなかった

その時の遠吠えを馬鹿がRockだと言うから_



詩人は半ば壊れたスマートフォンでこれを書くから誤変換・誤出力される文字に翻弄される

公私ともに上手く話せない生活そのものだな

「あわわわわ」とそのまま場面に置き去りにされるのは即身仏

にはなれなかった逃げ出し燃やされた生焼け者の成れの果て


三つ同じコーヒーの並ぶ自販機で、

かれこれ二週間も二回に一回ボタンを押しては出ないを繰り返し割を食っている

にも関わらず、文句だけ言ってその後も何度でも買うのをやめない何一つ変わろうともしない馬鹿みたい


連休前、殺気すら漂う満員銀行の隣で、駄菓子屋のばあちゃんは挙手群からは離れるようにひっそりとツツジの晩春に向かって笑いかけていた


刹那の風景、その美しさを分かち合う余白の無い生活は、ガソリン残量を気にしながら進むウィンカーに突き飛ばされていった



売れぬpoet

手当たり次第あふれ出して


売れぬpoet

切り売りの人生

Behindなら擦り切れた


元Poet

永遠に無言

いつか仏像を彫るように紡いだそれも、捨ててしまうの

詩:鯨

汚染された水が溢れて、行き場を失って低いところへ

流れていくというよりは落ちて、いく


金持ちが自家用ジェットでやって来て、汚染問題を解決して

プロペラで各地にまき散らされた毒水を散歩中の飼い犬が舐めてしまって、少年は涙するしかなかった

それは下ることはなく、それ程の量もなく、誰にも知られず空へのぼった


子どもを早くから追い出されてしまったものだから大人になっただけで、満を持してのものでなんかなかったから、穴ぼこに溜まる溜まる汚染水はかき出してもかき出しても終わりがなかった

金はないからゴム手袋をしてすくい上げたものをたまたま通りがかった人たちにかけて回ったかけて回った

それは彼も誰も救うことがなく、ただ悪意が撒き散らされるだけの無情


そんならもういっそ全部飲み干してやるからよこせよという人から死んでいく

全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ

そういった者たちは地蔵になった

子の居ない人が多かったようだ

赤いよだれかけが掛けられたお菓子が供えられた


それは彼も誰も救うことがなく、ただ悪意が撒き散らされるだけの無情


そんならもういっそ全部飲み干してやるからよこせよという人から死んでいく

全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ


悪意と水は下へ下へ流れてゆきます

よだれかけは風雨に外れて、なにかを受け止めます

それでも時間が経つと、お地蔵さんもかたちをやめてしまいます

下へ下へと流れてゆきます

誰かが立ち上がっては真っ先に死んでゆきます

またお地蔵さんはかたちを得て、それを見つめています

下へ下へと流れてゆきます

先輩から後輩へ

親から子へ

偉いさんから下っ端へ

強いから弱いへ

悪意から善意へ

うえからしたへ


全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ

全部飲み干してやるからよ


お地蔵さんはそれを見つめています


わたしはそれを書くだけです

全部吐き出してしまわないように、せめて、書くだけです

飲むように、書くだけです

日記:タイトル書けるんだから大丈夫なんだろ

人が居る世界で生きるのは疲れる。そういう自分も人間だから、きっと、誰か一人のことは必ず疲れさせていると思う。

基本的に鏡を使わなければ自分の顔は自分で見れないから、僕が見るのは人の顔である。人の顔は鏡だなと思う。一億枚以上の鏡。

気がついた初めは、片方の暴力や怖さに怒りを抱いていた。最近は違って、もう片方の精神汚染攻撃を想っては怒りを抱いている。

しんど過ぎて上手く書けない。途中でやめたくなる。ここに来るまでにも逡巡があった。


Aにより不幸にされているBがAの悪口を言う。人格否定をする。Cはカウンセラーになる。

中学1〜2年時、携帯電話も持っていなかった頃から、自宅の電話で複数人の同級生の悩み相談を聞いていた。ほぼ毎晩多ければ日に三人。一人平均30分から1時間。1時間を超え2時間に及ぶこともあった。

高校生の頃には翌日朝練があるのにも関わらず、終わることのない人格否定を深夜まで聞き続けた。幸か不幸か傾聴の仕方はその時に学んだ。初めはあれこれ違った角度から質問を入れたり、認知の歪みを正そうとやんわり気づかせる為の意見を伝えたりしていた。それも無意味だと知ってからは、もうただの頷きマシーンと化した。あの時何かがしんだ。


もう仕事だ。ようやく少し書き始められた頃にはもう時間切れだから行かないとな。

昨夜はこういった苦しみからあまり眠れなかった。眠れてもこころが休まらない。眠れただけいいじゃないかと誰かに怒られることを考える。その通りだと思う。全く眠れない方の苦しみをわからないのだから。


乱暴な書き方をすれば、だいたいの人間の、して欲しいこと、言って欲しい言葉がわかる。だから、冷めている。

こうしたらこうなるってことがわかる。人間は思惑の生き物という側面は色濃い。

俺の人生は、俺の為のものなのかがわからない。誰かの為にすり減って、世界を少しでも悪くしないで、いつの間に消えていたい。消えたという事実で誰一人傷つけず迷惑をかけずに。


わかっている。認知の歪みだろう。精神的視野狭窄だろう。わかっている。

でも、どこにもゆけないじゃないか。

日記:誠実さ、切実さの伝わる書き様、生き様

‪例えば、人様の芸術作品の中で「母に感謝」とか「おじいちゃんになんちゃら」とか、いわゆる家族愛をうたったものに対して、私は感情移入が出来ない。もっと言えば、その時の状態によっては嫌悪感すら抱いてしまうことがある。しかしこれは、私の個人的な事情、感情であり、前述の人様の大切な想いや思い出に踏み入るものであってはならないと考えている(強調したいが、私は作者の作品や人生を尊重している)。‬

‪「踏み入らないけれど、冷めた目で見てしまう」のだ。怒りと悲しみと絶望がそうさせているのだろうと思う。‬


‪前置きが長くなった。‬


‪あるアーティストの楽曲を聴いた。ある詩人のテキストを読んだ。‬

‪ある人の話を聞いた。‬

‪この世界は、会話すら芸術作品だと考えている。だから、例えそれが芸術と自覚せずとも、生きている人の言葉は作品であるのだから、尊い。そして、自覚して芸術をやっている人の作品もまた全て尊い。そう考えている。‬


‪なんだかあまり上手く書けていないし、話が逸れてしまった。でも書こうとすることは大切だな。‬


‪その人の語る言葉が、作品が、私にそれを真実であると思わせる力。その奥にある魂を、作者を、(私に)信じたいと思わせる力。「信じたい」と抱く感覚を大切にしている。‬

‪冒頭に私が書いた、嫌悪感すら抱き感情移入出来ないテーマに対しても、作者やその魂を信じたいと思うことが多くある。他者の本気が、私の本気の苦しみや絶望の壁をも越えて伝わって来る。‬

‪人を排除せず、作品を排除しないことはとても大切なことだと思う。全員の幸せのために。‬

詩:その夜に

本件について、語るべき言葉はありません

語れることもありません

嘘だ

言葉は余りにも多義的で、背景要因を網羅するものではないからだ

とか何とか言って、口をふさぐのを否定しない

とか何とか言って、口を塞ぎたくないと感じる心があれば語ればいいだけだ

間違いはない

間違いがあるとしたら、

まず敬意を抱いているか、誰か傷つく人が居ないかと想像しているか

それが足りないときだ

間違いはない

君がその上で感じる心があるならば語ればいい

間違いはない

今夜だけは切り口一点で行こうじゃないか

お得意の多角的はそこに置いて、切り口一点、行こうじゃないか

「誰でも良かった。むしゃくしゃしてやった。後悔はない。」

何度となく聞いた言葉

何度となく言わせてしまった言葉

誰が?社会が

個人だろ?それでも社会だ

「うるせぇ、消えるなら一人で消えろよ」

ほんとにそうか?

「うるせぇ、消えるなら一人で消えろ、迷惑考えろ」

わかった、その通りかも知れない

でもだ、でも、悲しみが止まない

おかしいのか?

俺は、おかしいのか?

教えてくれ

「うるせぇ、消えるなら一人で消えろ」

情状酌量の余地なし

そうかも知れない、今となっては

ただし、今となっては

でも過去なら、あの時なら?

教室の片隅で、貧しさの陰で、ディス・コミュニケーションその焼け野原で、虐待連鎖そのきこえなさで、いじめ、逸脱行為、心をぶち壊した出来事、心なんかまるで、初めから無かったみたいにした社会で

どうしたらいいの

どうしたらいいの

どうしてこうなったの

どうしてこうなったの

どうして

これでどうなるの

これからどうなるの

悲しみが行き詰まる

時速制限のないハイウェイで、窓からのけぞり身を乗り出して空を見上げた

アバババババババと言葉にならない声を絶叫して、ヨダレを垂らして、両手を伸ばして、垂らして、垂らして、命を垂らして、

やり場のない、人生を垂らして、

対向車にぶち轢かれるのを待つみたいに、見上げた、空には、嘘、みたいに、何も、無かった

なにも、なかった

な、なにも、なかった

な、なにもなかった

な、なにもなかった

助けてくれ

助けてくれ

消えるなら一人で消えろ

助けてくれ

一人で消えろ

助けてくれ

助けてくれ

一人で消えろ

消えろ

消えろ

一人で消えろ

お前が悪いんだ

自己責任、怠惰の結果、逃避の結果、


だから、一人で、消えろ

一人で消えるために生まれたんだ

ひとりで、消えろ

おまえは、生まれてくるべきでなかったクズなんだ

ひとりで、消えろ

俺様の社会に、影響、してくれるな

詫びろ

地獄に落ちろ

巻き込んだ方々に地獄で詫び続けろ


消えろ

消えろ

消えろ

消えろ


濃いクマ

ドス黒い感情

スクランブル交差点

夢と恋

貧乏と金持ち

就職と退職

契約更新とボーナス

専業と兼業

公園デビュー、安心といじめ

コンプレックスとトラウマ

嗤う者と嗤われる者

消費される者と利用者

からだと心

火傷と手当て

解放と無限

天国と地獄

天国と地獄

天国と地獄

現代と戦争

内戦と侵略

胸をえぐる夜に朝に日中に、胸をえぐる孤立者の絶叫、社会の荒波でかき消して塗りつぶして

「誰でも良い」という言葉を「誰でも良かった」という言葉にして、

「あなたがよかった」、「あなたでよかった」

その言葉を社会丸ごと結託して引き千切って

ハッピーバースデー

おめでとう

おめでとう

引きちぎって、おめでとう

千切られておめでとう


「誰でも良い」という言葉を、ついには「誰でも良かった」という言葉にしてしまった

「あなたがよかった」、「あなたでよかった」という言葉を、ついには誰ひとり発しなかった

隣のあなたに誰一人

誰ひとり

車掌を怒鳴りつけて

先生を怒鳴りつけて

子どもを怒鳴りつけて

怒鳴りつけて

怒鳴りつけて

怒鳴りつけて

怒鳴りつけて


「誰でも良い」という言葉を、ついには「誰でも良かった」という言葉にしてしまった

「あなたがよかった」、「あなたでよかった」という言葉を、ついには誰ひとり発しなかった


あなたがよかった

あなたでよかった

生まれてきてくれてよかった

生まれてきてよかった

生まれてきてくれてよかった

ほんとうによかった


うまれてきてよかったなぁ


うまれてきてよかった

よかった